白髪対策のへナ、食べ物、資生堂製品口コミ

白髪とストレスと年齢

白髪は、年齢で言えば一般的には男女とも30歳を超えた頃から白髪が出てくると言われています。30歳を過ぎた頃は、黒い髪の毛に白髪が数本混じる程度で、50歳代半ばになると全体の半分程が白い髪になると言われています。


年齢を重ねると白髪になるのは、メラニンを作る力が老化と共に衰えるためと言われていますが、最近は若い人の間でも増えています。10代や20代の若者にも白髪が増えているのは、精神的なストレスや生活習慣によるものと考えられています。ストレスやプレッシャーを長く受け続けることによってメラノサイトが変調をきたし、白髪になると言われていますが、ハッキリとした原因はまだわかっていません。


仕事や受験、人間関係などのストレスが身体に表れて、気がついたら白髪が増えていたという人も多いでしょう。ストレスによって白髪を増やすことの無いよう、自分にあったストレス解消方法を見つけることが大事です。


また若い年齢の人たちは、成長のため栄養を沢山摂取する必要があるのですが、ダイエットの影響や、コンビニのお弁当などの食生活によって、髪の毛に行く栄養が取れていないこともあります。栄養分が行かなければ髪にはダメージとなり、白髪が増えてしまいます。


毎日の食事にも少しずつ気を配って、白髪を予防しましょう。また若すぎる人の白髪は何かの病気のサインかもしれないので、医師の診断を受けることも必要です。