白髪対策のへナ、食べ物、資生堂製品口コミ

白髪染め

■白髪染めをする
白髪染めだと白髪にまで色が入り、染まります。美容院で頼むと色が暗めになると言われることも多いようですが、経験のある美容院でしっかり相談しましょう。
また普通の白髪染めだと、髪が傷んだり、頭皮に強い刺激を受けてヒリヒリする場合もありますので、特に自宅で行う場合、気をつけたほうがいいようです。白髪染めをした後にトリートメントなどのアフターケアをしっかりすると、ある程度髪が傷むのを抑えられるようです。天然成分の白髪染め「ヘナ」が、刺激もなくて人気があります。

白髪染め以外の白髪隠し

まだ少ししかないのだけれど白髪が気になるという方は、意外と多いようです。そんな場合は、白髪隠しにどうしたらいいのか悩みますね。白髪染め以外にも、白髪を隠す方法は少しあります。


■明るい色で染める
普通のカラーリングでは白髪は染まりませんが、白髪が目立たないようにするために、髪をカラーで明るく染めます。白髪が少ない場合には、これで明るい色の髪にまぎれて白髪が目立たなくなります。髪に負担かけないように、次に染めるときは、伸びた髪だけ染めるようにしましょう。


■ブリーチをする
ブリーチをすると、黒い髪の色が抜けて白髪がまぎれ、目立たなくなります。髪が伸びてきたらその部分は白髪がわかってしまいますので、そこはスティックタイプの白髪隠しなどでしばらく目立たなくして、また美容院でブリーチをしてもらいます。わりと頻繁に美容院に行く人は、これでも大丈夫でしょう。


■ヘア・マニキュアをする
肌が弱いため、ヘアカラーや白髪染めだと肌荒れを起こす場合には、ヘアマニキュアをするしかないようです。ヘア・マニキュアは、髪の色を抜くことがないので白髪や明るい髪にしか色は入りませんが、その分髪は傷みません。これも丁寧にやると、かなり白髪が目立たなくなります。
ただし最近の市販のヘア・マニキュアには、成分が白髪染めと同じで髪を染めてしまうものが出回っています。選ぶときには、充分注意しましょう。