白髪対策のへナ、食べ物、資生堂製品口コミ

白髪の原因とは?

白髪の原因は、はっきり解明されていません。髪は「毛母細胞(髪が生まれるところ)」の中のメラノサイトで色素が作られるお陰で黒くなります。色素を作るにはチロシナーゼという酵素が欠かせないのですが、この酵素が老化で減少し、白髪になると考えられています。


そして減少する原因は、老化、栄養不足、遺伝的な原因、精神的なストレスによるホルモンバランスの悪化、女性の場合は更年期の女性ホルモンの減少などが挙げられます。

白髪対策、白髪改善には食事と頭皮マッサージ!

白髪の改善には、髪の栄養を考えた食事、ホルモン・バランスをよくする、ストレスを取り除く、そして頭皮に刺激を与えるマッサージなどが、白髪対策や白髪改善策として大切になってきます。


白髪を減らす食べ物として効果的なのは、まず良質なタンパク質、コラーゲン。これは、毛髪も皮膚と同じでタンパク質(コラーゲン)から出来ているためです。
またストレスに対抗するためのビタミンCもたくさん摂りたい白髪対策栄養素です。さらに、血流をよくして白髪の予防にもなるビタミンEも大切。白髪には黒ゴマがいいと言いますが、白ゴマより黒ゴマの方がビタミンEがたくさん入っているようです。


また白髪を予防するお茶として、シリカというミネラル成分がたっぷり含まれている野草茶のスギナ(つくし)が有名です。毎日のお茶として飲むといいでしょう。ミネラル成分の豊富な海草も、もちろんおすすめです。


もし白髪を減らすサプリメントを考えるのであれば、コエンザイムQ10などはビタミンEの働きをサポートし、細胞を若返らせるので白髪対策につながるでしょう。(参照コンテンツ記事:白髪改善のサプリメント)漢方薬や薬膳料理にも、白髪対策になるものがたくさんあります。


また、亜鉛・銅・鉄などのミネラル分をとることも大事です。なかなか取れない成分は、サプリメントなどで積極的に摂りましょう。サプリメント処方の第一人者である医師が開発したサプリメントなどは、おすすめ!亜鉛・銅などのミネラルやカルシウム、根昆布のヨードなどが毎日摂れます。
              >>> 医師が選んだ白髪対策サプリメント


頭皮マッサージも効くようです。オイルを地肌にすりこんでから、マッサージをしたり、自然素材のブラシでブラッシングをすると、頭皮に適度な刺激が与えられて血行が良くなり、白髪の改善に効果的。さらに、不摂生な生活を改め、睡眠時間をきちんと取って規則正しい生活をすることも、身体の新陳代謝を促進し細胞を再生させるために大事です。

白髪対策の白髪染め

白髪がストレスになるなら、白髪染めを使って染めるのもいいでしょう(普通のカラーリングだと白髪には色がつきません)。美容院でもいいですが、資生堂やビゲン等いろいろなメーカーからセルフで染める白髪染めや白髪対策のヘアカラーが出ています。


染め上げの色が濃いものほどアルカリ剤が多く配合された刺激の強い白髪染めになっているようなので、髪が傷むのが心配だったり地肌が敏感肌の場合には、自然原料100%のヘナがおすすめです。口コミでは、ヘナを白髪対策に安心して使っている方が多いようです。
自分に合った白髪染めを見つけましょう。白髪が髪の内側に多い人の場合は、ヘアスタイルの分け目を少し変えるだけで目立たなくなったりします。

白髪対策は30代頃から気をつけよう!

白髪は、たいてい30代になって増えてきます。遺伝も白髪の大きな原因なので、早くから白髪になる家族が多いときは30代前から白髪予防を行うと効果があるでしょう。


@毎日の食事を、黒ごま、ひじき、昆布、黒豆など黒いものを意識した食事にする。A良質のごま油で頭皮をマッサージする。B身体を冷やすものはあまり食べない、Cストレスをためない、ということを30歳から心がけて、家族の誰よりもずっと白髪が少ないままでいられたという男性もいます。個人差もありますが、こんな白髪対策を試されてはいかがでしょうか。